čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

そぎīŧ’

 

äģŠæ—ĨはåŦ‰ã—いことがいãŖãąã„ã‚ã‚Šãžã—ãŸã€‚

 

ぞず、朝から暖かくãĒãŖãĻきãĻčĩˇãã‚„すくãĒãŖたこと。å‡ēį™ēäēˆåŽšæ™‚間ぎīŧ‘時間半前ãĢčĩˇãã‚ŒãŸãŽã§č‰˛ã€…ã§ããžã—ãŸã€‚ã‚‚ãĄã‚ã‚“ã€ãƒĸãƒŗã‚šãƒ†ãƒŠãĄã‚ƒã‚“ãŽč‘‰ãŖãąã‚‚æ‹­ããžã—ãŸã€‚

 

æŦĄãĢ、クナ゚ぎåĨŗぎ子が初めãĻã˛ã¨ã‚Šã§10歊くらい歊けたことīŧį§ã¯ã‚‚うそぎ子がčģĸけãĒいようãĢãŖãĻ前で手をåēƒã’ãĻ構えãĻ「おいで〜」ãŖãĻč¨€ã‚ãĒくãĻã‚‚ã€ã“ãŽå­ã¯ã˛ã¨ã‚Šã§åĨŊきãĒところãĢ歊いãĻいけるんだãĒぁ〜ãŖãĻ思うと、さãŋしいようãĒåŦ‰ã—いようãĒ複雑ãĒæ°—æŒãĄãĢãĒりぞした。

 

æŦĄãĢ、おæ˜ŧごéŖ¯ãĢäŊœãŖたおãĢぎりぎおįąŗぎį‚ŠãåŠ æ¸›ãŒæœ€éĢ˜ã ãŖたことīŧãŠæ˜ŧãĢéŖŸãšãĻもいい感じだãŖãŸãŽã§ã‚ãĄã‚ƒããĄã‚ƒåš¸ã›ãĒ気分でおæ˜ŧäŧ‘æ†ŠãŒéŽã”ã›ãžã—ãŸã€‚ãĄãĒãŋãĢ、おįąŗをį‚Šãã¨ããŽãŠįąŗと水ぎ量はį›Žåˆ†é‡ã§ã™ã€‚äģŠæ—Ĩは大成功でしたīŧ

 

最垌ãĢ、お母さんがäŊœãŖãĻくれた夜ごéŖ¯ãŽãŠã‹ãšãŽãƒãƒ†ãƒˆã‚ĩナダがすごくįžŽå‘ŗしかãŖたことīŧã€Œãƒãƒ†ãƒˆã‚ĩナダおいしいãƒŧīŧã€ãŖãĻ台所ãĢいるお母さんãĢčžã“ãˆã‚‹ã‚ˆã†ãĢåĢんだら、「新じゃがやけんかãĒãƒŧīŧã€ãŖãĻ大きãĒåŖ°ã§čŋ”されぞした。ãĒるãģお。éŖŸãšéŽãŽãžã—た。

 

äģŠæ—Ĩはぞだįĩ‚わãŖãĻãĒいぎで、ぞだåŦ‰ã—いことがあるかもしれãĒいし、ãĒいかもしれãĒいけお、äģŠæ—Ĩã¯č‰¯ã„īŧ‘æ—Ĩでした。

 

そしãĻ、äģŠå¤œã‚‚ãƒĸãƒŗã‚šãƒ†ãƒŠãĄã‚ƒã‚“ãŽč‘‰ãŖãąã‚’æ‹­ããžã—ãŸã€‚äģŠæ—Ĩは、丸æœŦčŽ‰å­ã•ã‚“ãŖãĻいうäēēぎ"ご抟åĢŒãƒ™ã‚¤ãƒ™ãƒŧ"ãŖãĻæ›˛ã‚’č´ã‹ã›ãĻあげぞした。ãƒĸãƒŗã‚šãƒ†ãƒŠãĄã‚ƒã‚“ãŽåĨŗå­åŠ›ãŒãĄã‚‡ãŖã¨ä¸ŠãŒã‚Šãžã—ãŸã€‚đŸ˜

f:id:mkmomo6:20170404214023j:image