čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

そぎīŧ“

 

äģŠæ—Ĩはæ˜ĨãŖãĻæ„Ÿã˜ã§æ°—åˆ†ãŒč‰¯ã‹ãŖたです(äŊ•æ§˜)

 

æœã‹ã‚‰é€šå‹¤čˇ¯ãŽæĄœãŒãã‚Œã„ãĢå’˛ã„ãĻきãĻいãĻ、上を向きãĒãŒã‚‰čˇå ´ãĢ向かいぞした。

わたしぎäģ–ãĢも上を向きãĒがら通ãŖãĻるäēēがäŊ•äēēかいぞした。ãŋんãĒæĄœãĢčĻ‹ã¨ã‚ŒãĻいぞした。

 

äģŠæ—Ĩはポã‚Ģポã‚ĢしãĻã„ãŸãŽã§ã€å­ãŠã‚‚ãŸãĄã¨ãŠæ•Ŗæ­ŠãĢčĄŒããžã—ãŸã€‚ãƒ™ãƒ“ãƒŧã‚Ģãƒŧ(6äēēäš—ã‚Šį´„60キロ)をæŠŧしãĒがらäŋč‚˛åœ’ぎ周りをおæ•Ŗ歊しぞした。į§ã¯é‡ãŸã„ベビãƒŧã‚ĢãƒŧをįœŸãŖį›´ãæŠŧすことãĢåŋ…æ­ģã§ã—ãŸãŒã€å­ãŠã‚‚ãŸãĄã¯ã¨ãĻもæĨŊしそうでした。

 

「おæ•Ŗæ­ŠæĨŊしい〜īŧŸã€ 「ã‚ŋãƒŽã‚ˇãƒŧッīŧīŧã€

ã€ŒãŠčŠąįļēéē—ãĒぁ〜〜」 「キãƒŦãƒŧッīŧīŧīŧã€

 

ãŖãĻį§ãŽč¨€č‘‰ã‚’įœŸäŧŧしãĻã‚‹ã ã‘ã§ã™ãŒã€å­ãŠã‚‚ãŸãĄãŽã™ã”ãį”Ÿãį”Ÿãã¨ã—ãŸčĄ¨æƒ…ã‚’čĻ‹ãŸã‚‰ã€ã™ã”くわくわくしãĻã‚‹ã“ã¨ãŒã‚ã‹ã‚Šãžã—ãŸã€‚đŸ˜Š

 

明æ—Ĩから夊気がæ‚ĒくãĒるãŋたいãĒぎで、äģŠæ—ĨãŠčŠąčĻ‹æ•Ŗ歊できãĻよかãŖたです。

 

 

あと、äģŠæ—ĨはåŧŸâ‘ĄãŽéĢ˜æ Ąå…Ĩå­Ļåŧã§ã—た。

めでたいīŧđŸŒ¸

写įœŸã‚’čĻ‹ã›ãĻもらãŖたら、新品ぎåˆļ服ãĢį€ã‚‰ã‚ŒãĻる感īŧŸãŒã‚りぞしたが、äŧŧ合ãŖãĻぞした。

(ãĒã§č‚Šã¨å‰éĢĒãŒãĄã‚‡ãŖと気ãĢãĒりぞした。)

äģŠæ—ĨからåŧŸã¯å¯Žį”Ÿæ´ģが始ぞりぞす。あぎäēēは寎į”Ÿæ´ģでも上手くやãŖãĻいけるだろうãĒぁ〜ãŖãĻ思いぞす。

おįˆļさんがå…Ĩå­ĻåŧãŽæ™‚ãĢ、「あいつ、åĨŗãŽå­ã¨čŠąã—ã¨ã‚‹īŧåŽļでおるよりæĨŊã—ã„ã‚“ãĄã‚ƒã†ã‚“ã‹īŧīŧã€ãŖãĻお母さんãĢ言ãŖãĻたらしいです。

éĸį™ŊかãŖたです。

åŧŸã¨äŧšã†æŠŸäŧšãŒæ¸›ã‚‹ãŖãĻ原感がãĒいけお、ãĒんとãĒくさãŋしいようãĒ気がしぞす。æœĢãŖ子ぎåŧŸâ‘ĄãĢはとãŖãĻもį”˜ã„おįˆļさんとお母さんãĒぎで、2äēēぎ斚がさãŋしがãŖãĻã‚‹ã¨æ€ã„ãžã™ãŒđŸ˜…

 

 

 

äģŠæ—Ĩも、帰厅しãĻからãƒĸãƒŗã‚šãƒ†ãƒŠãĄã‚ƒã‚“ãŽč‘‰ãŖãąã‚’æ‹­ããžã—ãŸã€‚äģŠæœã¯ã€čĩˇããĻからゴロゴロしãĻたぎで、ãƒĸãƒŗã‚šãƒ†ãƒŠãĄã‚ƒã‚“ãĢæ°´ã‚’ã‚ã’ã‚‹ã ã‘ã§ã€č‘‰ãŖãąã‚’æ‹­ã„ãĻあげãĒかãŖãŸãŽã§ã€ãĄã‚‡ãŖと怒ãŖãĻるようãĒ感じでした。

怒りを鎎めるためãĢã‚šãƒ”ãƒƒãƒ„ãŽæ›˛ã‚’č´ã‹ã›ãĻあげãĒがら、「朝拭いãĻあげられãĒくãĻごめんねごめんね〜」ãŖãĻåŋƒãŽä¸­ã§æ€ã„ãĒがら、いつもより丁寧ãĢæ‹­ããžã—ãŸã€‚ãĄã‚‡ãŖと怒ãŖãĻる感じでしたâ€Ļ😅

明æ—Ĩは朝も拭いãĻあげよう。。

f:id:mkmomo6:20170405220513j:image